リグロEXエナジーで髪がベタつく?原因と3つの解決方法

リグロEX5エナジーは、ジェネリック発毛剤の中で数少ないサポート成分まで配合された発毛剤

それでいてリアップよりも安いので助かります。

ただし、使っていていて「ベタつき」「ごわつき」を感じることはありませんか?

夜はまだしも、朝に塗布して仕事へ行く時には困ってしまいますよね。

そこで、今回はベタつきの原因と3つの解決方法についてご紹介したいと思います。

関連記事リグロEX5の使用レビュー&効果のビフォーアフター

この記事を書いた人:リク
STOP!AGAの編集部スタッフ。公益社団法人毛髪科学協会会員で現役の毛髪診断士です。自身もAGAクリニックにて薄毛治療2年目。最新の毛髪研究に関する海外論文に目を通すのが趣味。医療機関向けガイドラインやエビデンスに沿ったヘアケア情報をお届けします。

リグロEX5エナジーのベタつきの原因は「ミノキシジル」

リグロEX5エナジー

まず、リグロEX5エナジーを使用後に髪にベタつきやごわつきを感じる原因は発毛剤の主成分である「ミノキシジル」です。

リグロEX5のような発毛剤にとってはミノキシジルはなくてはならない有効成分のため、完全にベタつかない発毛剤を作るのは今のところ難しく、どの製薬会社の発毛剤を選んでも、使用後に髪にベタつきやごわつきが起こります。

ただし、使い方次第でベタつきやごわつきは軽減させることができるため、リグロEX5エナジーで有効だった3つの方法についてご紹介します。

リグロEX5エナジーのベタつきを解決する3つの方法

リグロEX5エナジーの塗布

リグロEX5は、ラバータイプのノズル形状を採用しているため、実は他のノズル形状の発毛剤よりもベタつきが起こりやすいのも事実です。

ベタつきを軽減するためには…
「液剤の髪への付着を最低限に抑えること」
が重要です。

そのためには、以下の3つの方法を実践してみましょう。

  1. 塗布時に液剤の髪への付着を防ぐ
  2. 髪が乾燥後、セット前にクシを通す
  3. 乾燥後に手を少し濡らしてベタつく部分をとかす

一つずつ髪のベタつきやごわつきを軽減する方法を詳しくご紹介します。

1.まずは塗布時に液剤の髪への付着を防ぐ

重要なのが「液剤の髪への付着を防ぐ」ことなので、まずは塗布方法を見直して見ましょう。

すでに知っておられるユーザーが大半かもしれませんが、塗布する際には髪の上からノズルを当てるのではなく、髪をかきわけて頭皮を露出させて、できるだけ頭皮に直接ノズルが当たるようにしましょう

特にリグロEX5やスカルプDのメディカルミノキはラバータイプのノズル形状のため、細い先端ノズルのリアップやその他のジェネリック発毛剤と比べると、液剤が髪に付着しやすいです。

髪への付着が最低限で済むように意識しましょう
どうしてもラバータイプのノズルと相性が良くないというユーザーは、関連記事から他のジェネリック発毛剤についても確認してみてください。

関連記事失敗しないリアップジェネリック(ミノキシジル5%)の選び方&厳選10製品

また、育毛剤を使用していた時の習慣で、リグロEX5を塗布後に頭皮マッサージをするユーザーもおられます。

頭皮マッサージをしてしまうと、せっかく頭皮に塗布した液剤が髪に付着する原因となるため、頭皮マッサージは必ず塗布前に実施するのが正しいリグロEX5エナジーの使い方です。

  • リグロEX5エナジー塗布の頭皮マッサージ:◎
  • リグロEX5エナジー塗布の頭皮マッサージ:×

塗布時にできるだけ髪に付着しないようにリグロEX5を使うように意識するだけで、髪のベタつきやごわつきをかなり軽減できる場合もあります。

スタッフ
髪に付着したミノキシジルが正常に吸収されるかどうかは臨床試験が実施されていません。メーカーに問い合わせてみたところ、「髪に付着した薬剤は吸収されないものと考えてください」とのことでした。

2.髪が乾燥後、セット前にクシを通す

特に朝にリグロEX5エナジーを塗布してから仕事へ出勤する方の場合、髪のベタつきやごわつきをなんとかしないと、ヘアスタイルのセットがしにくいですよね。

ワックスやジェルを使って髪を整えている方であれば、まずリグロEX5を塗布した後10分~15分くらいおいてしっかり乾燥させましょう。

液剤が乾いていない状態で整髪料を付けると、ベタつきが残ってしまう傾向が強いようです。

また、ベタつきが残るだけでなく、整髪料が頭皮に付着するとミノキシジルの吸収を阻害してしまう恐れがあるため、メーカーでも「整髪料の使用は液剤がしっかり乾燥してから」としています。

しっかり乾燥したら、クシまたはブラシで髪をとかすようにします。

スタッフ
経験上、豚毛のような天然毛のブラシ(ネットで1,000円以下)を使うと、よりベタつきが抑えられるようです。

髪に付着してしまった成分がブラシに移るからなのか、髪のベタつきをかなり軽減することができました。

*ブラシにミノキシジル成分が付着するので、子供や女性が触れないように気をつけて下さい。

ブラッシング後は、通常通りに整髪料を付けてセットできます。

また整髪料を普段使っていない方であれば、ベタつきやごわつきがかなり軽減できるので、そのままでも大丈夫だと思います。

スタッフ
ピンポイントで液剤が出すぎると、髪に付着して乾燥すると白くなることがありますが、ブラッシングすることで髪に付着して白くなった成分も一緒に落とせます。白く残ると“ふけ”と勘違いされますよね…

3.乾燥後に手を少し濡らしてベタつく部分をとかす

3つ目の方法は、「手を少し濡らしてベタつきの気になる部分をとかす」です。

基本的に上でご紹介した2つの方法でうまくベタつきやごわつきが取れなかった場合に実践してみてください。

リグロEX5を塗布して十分に乾燥したら、手を少し水で濡らして、手ぐしのようにベタつきやごわつきが気になる部分をとかします

この際に液剤の付いた頭皮に触れないように気をつけて下さい。

濡れた手で手ぐしすることで、髪に付着していた液剤が手に移るのか、ベタつきやごわつきが軽減できます。

後は通常通り髪をセットするだけです。

スタッフ
リグロEX5エナジーを塗布した後に頭皮を濡らしてしまうと、成分がしっかり吸収されない原因となるため、手を濡らすのはほんの少しです。びしょびしょの手で触るのはNGです。

リグロEX5のベタつきは避けられないから上手に付き合おう

リグロEX5とリグロEX5エナジー

リグロEX5エナジーを使っているユーザーに多い髪のベタつきやごわつきを軽減する方法をご紹介しました。

簡単に振り返ってみると…

  1. 塗布時には髪への付着を防ぐ
  2. 乾燥したら髪をブラッシングする
  3. 少し濡れた手で手ぐしする

3つの方法が有効でした。

ミノキシジルを配合している以上、リグロEX5エナジーをはじめどの発毛剤を選んでもベタつきを完全に避けることは難しいのが現状です。

ただし、ミノキシジル発毛剤は1日2回4ヶ月継続してはじめて効果が認められる発毛剤なので、「ベタつきやごわつきが気になるから夜だけ塗る」というのは絶対に避けるべきです。

臨床試験でも継続することで9割以上の人に発毛効果が確認されている医薬品なので、リグロEX5エナジーの使用をしっかり続けて、薄毛対策しましょう。

お知らせ
HIXミノキシジル発毛剤が価格改定で3本セットが9,000円&送料無料になりました。1本あたり3,000円は、2022年6月18日現在でミノキシジル発毛剤最安値水準です。
おすすめの記事