リアップのジェネリックの選び方

 

リアップX5プラスネオの定価は7,752円(税込)。

継続すれば90%以上の男性が発毛を実感できるミノキシジル5%発毛剤ですが、「この価格だとなかなか継続しにくい」という方も少なくありません。

しかし、2018年以降、大正製薬の持っていたリアップの特許期間が切れたことで、リアップと同じようにミノキシジルが5%配合され、同等の発毛効果を持つジェネリック発毛剤がいくつもの製薬メーカーから発売されるようになりました。

ジェネリックを利用すれば、毎月にかかるコストはリアップの半額以下と手軽に薄毛対策が可能です。

今回は失敗しないリアップのジェネリック(ミノキシジル5%)発毛剤の選び方や、おすすめの10製品に含まれる配合成分や使用感についてご紹介します。

結論先読み

・3,000円台(リアップの約半額)というリーズナブルさ
・改良された先端ノズルで痛みを軽減
・国内最大濃度であるミノキシジル5%を配合

という3つの理由で、最終的にリアップのジェネリックで一番おすすめできるのは「リザレックコーワ」です。
デザインが発毛剤っぽくなく、コーワという大手メーカーが販売しているという安心感も魅力です。

すぐにリアップのジェネリック発毛剤10選の特徴を確認したい方はランキング部分までスキップできるので\コチラ/をクリックしてください。

*本サイトのコンテンツはすべて公益社団法人である日本毛髪科学協会の会員が執筆しております。

リアップのジェネリックならどれを選んでも発毛効果は同じ

リアップのジェネリック発毛剤

日本ではじめてミノキシジルが配合された発毛剤である「リアップ」が発売されたのが1999年。

リアップはこれまで6600万本以上を売り上げ、発毛剤市場では圧倒的なシェア。ただし、医薬品には20年の特許期間が定められており、2018年にリアップの特許期間が終了しました。

そして2018年以降、各製薬メーカーでもリアップと同じくミノキシジル5%が配合したジェネリック発毛剤を販売できるようになりました。

ジェネリック医薬品とは…

先発医薬品の再審査が終了し、その製品の特許が切れた後に、その他の製薬企業が後発で製造・販売する医薬品です。「先発医薬品と同じ有効成分を、同じ量含んでおり、同等の効能や効果が得られる」と認められた医薬品です。後発医薬品とも呼ばれます。

とあり、リアップのジェネリック発毛剤はどれを選んでもリアップと同等の発毛効果が期待できます。

国でもジェネリック医薬品の数量シェア60%以上を目標にしていますが、発毛剤市場に関しては引き続き大正製薬が圧倒的なシェアをキープしているのが現状です。

スタッフ
当サイトでは、厚生労働省の指針に沿って、医療の質を落とすことなく利用者の薬剤費負担を減らすために、積極的にジェネリック発毛剤についての情報を紹介しています。

臨床試験では9割以上がミノキシジル5%で発毛効果を実感

大正製薬では、リアップの開発段階にてミノキシジル5%の発毛効果を確認するために臨床試験を実施されています。

臨床試験では約6ヶ月間の二重盲検比較試験と、約1年の長期投与を行い、被験者の印象や総毛髪数の変化を医師が評価しています。

4週間後にはすでに軽度改善が見られるようになり、8週間後には被験者の1割以上に、12週間後には6割近くに軽度改善が見られました。

24週間後、つまり約6ヵ月後からは「軽度改善」「中等度改善」「著明改善」をあわせて、実に9割以上に改善が見られます。

24週間後から「軽度改善」より「中等度改善」の評価の割合が高くなっています。

臨床試験の結果からも分かる通り、ミノキシジル5%が配合された発毛剤は、継続して使用することで90%以上の方が発毛効果を実感しています。

同一部位(1㎠)における毛髪数の変化も計測されており、増減数は以下のように変化しています。

  • 4週間後…1.4本の増加
  • 8週間後…19.0本の増加
  • 24週間後…21.8本の増加

髪は生やす効果や、髪を太くする効果が得られることが臨床試験の結果から明らかになりました。

1日2回使用しなければならないため手間に感じるかもしれませんが、リアップやジェネリック発毛剤は継続さえすればほとんどの方が効果を得られます。

ミノキシジル5%発毛剤は脱毛症医療ガイドラインの「推奨度:A」

皮膚科学会脱毛症治療ガイドライン

臨床試験でも確かな効果が確認できているため、皮膚科学会によって作成されている男性型脱毛症診療ガイドライン(AGA治療に関するガイドライン)でも、ミノキシジルの外用は「推奨度:A(行うよう強く勧める)」と評価されています。

ちなみに、その他の治療方法は以下のように評価されています。

【推奨度A(行うよう強く勧める)】

  • ミノキシジルの外用
  • フィナステリドの内服
  • デュタステリドの内服

頭皮に塗布する「外用薬」で、推奨度A評価を受けているのは、現状「ミノキシジルの外用」のみです。

そのため、薄毛に悩んでいる方にはリアップやリアップジェネリックは外せない選択肢の一つと言えます。

薄毛対策にリアップやジェネリックを使っている人は僅か3.3%

薄毛対策のアンケート結果

*ロート製薬より

現在、日本で外用薬として発毛効果が認められているのは「ミノキシジル」という成分のみです。

しかし、薄毛に悩む男性で、このことを理解してリアップやジェネリック発毛剤を使用している方は非常に僅か…。

ロート製薬が約4万人を対象に実施したアンケートによると、20代~60代男性の4人に1人は「薄毛に悩んでいる」と回答。

しかし、その中で「毛髪や頭皮のために発毛剤を使用している」と回答した方は僅か3.3%だったようです。

薄毛対策として回答が多かったのは…

  • シャンプー 35.1%
  • 生活習慣の改善 9.1%
  • 育毛剤 8.1%
  • 炭酸JET・トニック 7.7%
  • 発毛剤 3.3%

もちろん頭皮環境を整えるための高品質なシャンプーや生活習慣の改善は無視できません。

ただし、外用薬で発毛効果のはっきりとしたエビデンスがあるのは「ミノキシジルを配合した発毛剤」だけです。

そのため、薄毛に悩んでいる方は、シャンプーや今ある髪を守る効果しかない育毛剤に時間や資産を使ってしまうのではなく、発毛効果のある「発毛剤」を使用することが推奨されています。

スタッフ
多くの発毛剤を販売するメーカーでは、育毛剤やスカルプシャンプーも取り扱っているので、「育毛剤」と「発毛剤」の違いについてなかなかはっきり紹介しづらいのが、周知されていない理由の一つかもしれません。

リアップのジェネリック(ミノキシジル5%)の失敗しない選び方

リアップとジェネリック発毛剤

では早速、リアップのジェネリック(ミノキシジル5%)発毛剤の失敗しない選び方を確認していきましょう。

リアップのジェネリック(ミノキシジル5%)を選ぶ際には、失敗しないために以下の3つの基準で選ぶことをおすすめします。

  1. リアップジェネリックを「価格」で選ぶ
  2. リアップジェネリックを「ノズル形状」で選ぶ
  3. リアップジェネリックを「+αな成分」で選ぶ

それぞれのポイントを詳しくご紹介します。

すぐにリアップのジェネリック発毛剤10選の特徴を確認したい方はランキング部分までスキップできるのでコチラをクリックしてください。

1.リアップのジェネリックは価格で選ぶ

すでにご紹介したとおり、ミノキシジルが5%配合されたジェネリック発毛剤なら、どれを選んでも発毛効果はリアップと同等です。

そのため、基本的にはジェネリック発毛剤は価格で選んでしまって問題ありません。

特に、ミノキシジル5%発毛剤は最低でも4ヶ月継続して使用してはじめて効果が認められるタイプの薬剤なので、継続しやすい“ランニングコスト”は非常に重要です。

リーズナブルさが魅力のリアップのジェネリック3選

リアップX5プラスネオの定価は7,752円(税込)ですが、ジェネリック発毛剤なら半額以下で購入することも可能です。

特にコストパフォーマンスに優れたジェネリック発毛剤は以下の3種類です。

*価格は2021年2月1日現在の実勢価格

3ヶ月分をまとめて購入するとさらに割引が適用されて、ポイント還元を含めると1本あたりの価格は実質3,000円以下になるような時もあります。

スタッフ
次でご紹介しますが、リザレックコーワミノカミングには改良版ノズルが採用されています。

2.ジェネリックはノズル形状で使い心地に大きな差がある

ジェネリック発毛剤のノズル

発毛効果に関しては、どのジェネリック発毛剤を選んでもリアップと同等ですが、意外と重要なのが「ノズル形状」です。

ジェネリック発毛剤は必ず1日2回使うものなので、“使い心地”が満足度に大きく影響します。

現状、リアップのジェネリック発毛剤には以下の3種類のノズル形状があります。

  • リアップタイプ
  • ラバータイプ
  • 手動ノズル(旧型&改良型)

それぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

リアップタイプのノズル

現在、リアップシリーズの発毛剤にしか採用されていないノズル形状。

キャップの開閉だけでノズルが自動で動いてくれるため、塗布するまでがスムーズ。

お値段はしますがノズルの形状が使いやすく先発薬の安心感もあるため、お財布に余裕のある方はリアップに戻ってくる方もおられます。

リアップタイプのノズルを採用した発毛剤

*価格は2021年2月1日現在の実勢価格

ラバータイプのノズル

大型のラバーに小さな突起が取り付けられているノズルです。

こちらもリアップタイプと同じように、キャップの開閉だけでノズルが自動で動いてくれるため塗布までがスムーズです。

ノズル自体が大きいため、ミノキシジルを塗布したい部分が広い場合にはスピーディーに使用できます。ただし、液剤がどれくらい出ているのか若干わかりにくいため、ピンポイントで塗ろうとすると液ダレしてしまうこともあります。

また、ラバータイプのジェネリック発毛剤は、ジェネリックの中では比較的実勢価格が高い傾向にあります。

ラバータイプのノズルを採用したジェネリック発毛剤

*価格は2021年2月1日現在の実勢価格

手動タイプのノズル

リーズナブルな価格帯の発毛剤はほとんど例外なく手動タイプのノズルを採用しています。

キャップを開けて塗布前に、【はかる】→【塗る】とノズルを回す必要があります。

そこまで手間ではないので、コスパの良いリアップのジェネリックを探している方は、手動ノズル式の発毛剤から探して問題ありません。

ただし、注意が必要な点として、手動ノズルタイプのジェネリック発毛剤には「改良型ノズル」「旧型ノズル」があります。

画像で確認してみましょう。

ミノグロウとミノカミング

最初発売された旧型ノズルタイプは、塗布する際に30回~40回ほど頭皮にトントンと当てるのですが、先端が細いため頭皮が痛くなったり赤くなりやすいという大きなデメリットがあります。

スタッフ
これが原因でリアップに戻られた男性も少ないのではと思います。

そこで、その後改良型のノズルを採用したジェネリック発毛剤が販売されるようになりました。

先端が太く改良され、非常に使用感がよくなりました。旧型と改良型では値段の差もほとんどないため、選ぶ際には改良型が要チェックです。

手動ノズルの改良型採用のジェネリック発毛剤

*2021年2月1日現在の実勢価格

スタッフ
現状、改良型の手動ノズルを採用しているのはこの2製品のみ。仕様に変更があれば、お知らせするようにします。
手動ノズルの旧式型

*2021年2月1日現在の参考価格

3.リアップのジェネリックを配合されている成分で選ぶ

発毛成分として認められているのは「ミノキシジル」のみですが、リアップシリーズの中にはサポート成分としてミノキシジル以外の有効成分を配合したものがあります。

そしてリアップのジェネリックの中にもミノキシジルに加えてサポート成分を配合した製品があります。

基本的には…

  • 「髪の毛を生やしたい」という方→ミノキシジルのみの発毛剤
  • 「ふけ・かゆみにも悩んでいる」という方→サポート成分も配合の発毛剤

と選ぶと良いでしょう。

ミノキシジル以外のサポート成分配合のジェネリック

リアップのジェネリック(ミノキシジル5%)発毛剤でサポート成分を配合しているのは以下の2種類のみです。

配合成分と効果についても簡単に確認してみましょう。

  • 富士科学工業(株) ミノキシジル配合外用薬5%「FCI」 7,480円
    ミノキシジル5%…発毛成分
    ピリドキシン塩酸塩…過剰な皮脂分泌の抑制
    トコフェロール酢酸エステル…血行促進
    I-メントール…かゆみの緩和と清涼感付与
  • ロート製薬(株) リグロEX5エナジー 5,940円
    ミノキシジル…発毛成分
    パントテニールエチルエーテル…毛細胞への栄養補給
    ピリドキシン塩酸塩…過剰な皮脂分泌の抑制
    トコフェロール酢酸エステル…過酸化物質の抑制
    I-メントール…かゆみの緩和と清涼感の付与

リアップのジェネリック(ミノキシジル5%)10選ランキング

ここまで失敗しないためのリアップジェネリックの3つの選び方をご紹介しましたが、ここからは現在ドラッグストアやネット通販で入手することのできるジェネリック発毛剤それぞれの特徴をご紹介したいと思います。

今回厳選したジェネリック発毛剤10選は、全てミノキシジル濃度が国内最大濃度の5%のため、どれを選んでも発毛効果はリアップと同等です。

それでも価格やノズル形状などのポイントに沿っておすすめできる順番にジェネリック発毛剤をご紹介したいと思います。

スタッフ
ジェネリック発毛剤は継続して使用する薬剤のため、3本セットで購入すると割引が適用される場合もあります。
セット購入でどれくらい割引になるかも一緒にご紹介します。
*下記ランキング内の価格は2021年2月1日現在の実勢価格

1位:リザレックコーワ

リザレックコーワのボトル

薬品名リザレックコーワ
販売メーカー興和株式会社
製造メーカーリョートーファイン株式会社
有効成分ミノキシジル5%
ノズルタイプ手動ノズル(改良型)
参考価格
(セット購入)
3,680円*ランク内2位
(3,426円)

リーズナブル&快適な改良型ノズルの優等生

リザレックコーワは、キャベジンやバンテリンなどOTC医薬品(市販薬のこと)を手掛ける興和株式会社が販売する発毛剤。

製造を担当しているのはジェネリック発毛剤の製造に強いリョートーファインです。

実勢価格も3本セットなら3,000円台前半から購入でき、先端ノズルが改良型になっている数少ないジェネリック発毛剤の一つです。

継続して使用するのに経済性と快適性の両方で非常に優れています

ジェネリック発毛剤は一般的な認知度の低い製薬メーカーが販売している製品が多い中、大手ドラッグストアでもよく見かけるコーワの製品のため安心して使用しやすいのも魅力です。

ただし、ドラッグストアなどの店頭価格は5,500円前後に設定されている場合が多いです。

リザレックコーワの使用感について

使用後の火照りやかゆみはほとんどなく、使用感は良好。ただし、ほか製品と同様に固形のミノキシジルを溶かすのにエタノールを使っているため若干アルコールの香りがします。

参考記事:リザレックコーワの使用レビュー

2位:ミノカミング

薬品名ミノカミング
販売メーカー株式会社シーディー
製造メーカー大興製薬株式会社
有効成分ミノキシジル5%
ノズルタイプ手動ノズル(改良型)
参考価格
(セット購入)
3,800円*ランク内3位
(3,140円)

改良型手動ノズルでは最安値級

ミノカミングは、オンラインドラッグストアを手掛けるシーディーが販売するジェネリック発毛剤。

製造は大興製薬で、4位のミノグロウと基本的には同じ製品です。

ただし、ミノカミングには改良型の手動ノズルが採用されているため、毎日使用する際の快適性が大幅に向上されています。

また、3本セットで購入する際の割引が大きく、ポイント還元まで含めると1本あたりの価格が実質2,000円台になることもあります。

リーズナブルに継続したいという方に強い味方です。

ミノカミングの使用感について

塗った後2,3分少しピリピリとしたようなほてりを感じますが、乾燥するにつれて収まりました。アルコールの香りが使用直後は若干します。

参考記事:ミノカミングの使用レビュー

3位:リグロEX5

リグロEX5の容器

薬品名リグロEX5
販売メーカーロート製薬
製造メーカーロート製薬
有効成分ミノキシジル5%
ノズルタイプラバータイプ
参考価格
(セット購入)
4,950円*ランク内6位
(シャンプーセット 5,289円)

ラバータイプの中ではコスパ◎

リグロEX5は、目薬などで認知度の高いロート製薬が製造・販売するジェネリック発毛剤です。

著明な製薬会社が製造・販売しているため、安心して使用しやすいのが大きな訴求ポイントといえます。

また、ラバータイプの中では唯一5,000円以下でも購入可能なため、広範囲に発毛剤を塗布したい方には有力な選択肢です。

リグロシリーズのスカルプシャンプーとセット販売もされていて、若干の差額でアミノ酸系洗浄成分を配合したスカルプシャンプーが付いてきます。

リグロEX5の使用感について

ジェネリックの発毛剤に多いアルコール系の香りがほとんどなく、使用しやすい。またほてりやかゆみもほとんどなく、使用感ではかなり上位クラスです。

ラバータイプのため髪に付着するとベタつきを感じますが、5分ほどで乾燥するので一度ブラシでとかせば、通常通りセットできます。

参考記事:リグロEX5の使用レビュー

4位:ミノグロウ

薬品名ミノグロウ
販売メーカー岩城製薬株式会社
製造メーカー大興製薬株式会社
有効成分ミノキシジル5%
ノズルタイプ手動ノズル(旧型)
参考価格
(セット購入)
3,500円*ランク内1位
(3,113円)

旧型ノズルだけが残念…

ミノグロウはミノカミングと同じく大興製薬が製造を担当しており、岩城製薬が販売するジェネリック発毛剤です。

3本セットで購入すると割引が大きくなり、ポイント還元も含めると実質1本あたり3,000円以下でも購入できることが多いです。

ただし手動ノズルは旧型のため、使用しているとどうしても頭皮に痛みを感じやすいのが大きなデメリットと言えます。

ミノグロウを選ぶなら、数百円の差でもミノカミングを選ぶことをおすすめします。

ミノグロウの使用感について

基本的にはミノカミングと同様の使用感。ただし旧型ノズルは改良型を使った後に使用すると痛くて続けられないと感じるほどです。

参考記事:ミノグロウの使用レビュー

5位:メディカルアップ

薬品名メディカルアップ
販売メーカーはぴねすくらぶ株式会社
製造メーカーリョートーファイン株式会社
有効成分ミノキシジル5%
ノズルタイプ手動ノズル
参考価格
(セット購入)
3,980円*ランク内4位
(5,478円)

はぴねすくらぶファンならおすすめ

メディカルアップは、テレビやラジオにも登場する通販会社であるはぴねすくらぶが販売するジェネリック発毛剤です。

製薬メーカーではないため、製造はリザレックコーワと同じくリョートーファインが担当しています。

価格は3,980円と健闘していますが、リザレックコーワよりは高く、ノズルも旧型ノズルのため、なかなか訴求ポイントが見つけにくい製品です。

ただしはぴねすくらぶのファンでポイントが貯まっている方ならポイント消費を兼ねて使用できるかもしれません。

メディカルアップの使用感について

ほとんど使用後のほてりはなく、使用感はとても良いです。配合されている成分と添加物がリザレックコーワと全く一致しているため、中身は同じかと思われます。ただし、旧型ノズルのため頭皮は使用後若干痛いです。

参考記事:メディカルアップの使用レビュー

6位:加美乃素デルタ

薬品名加美乃素デルタ
販売メーカー株式会社加美乃素本舗
製造メーカーシオノケミカル株式会社
有効成分ミノキシジル5%
ノズルタイプ手動ノズル(旧型)
参考価格
(セット購入)
4,378円*ランク内5位
(4,378円)

育毛剤の老舗企業からもジェネリック発毛剤へ参入

加美乃素デルタは、創業100年以上の加美乃素本舗が販売するジェネリック発毛剤。

加美乃素本舗は昭和7年に今でいう育毛剤になる加美乃素(かみのもと)という商品の販売をはじめた日本でも有数の老舗企業です。

ただし、加美乃素デルタには特にミノキシジル以外に独自の有効成分が配合されているわけではなく、シンプルなミノキシジル5%配合のみの発毛剤になっています。

そのため、これまで加美乃素を使っていたから、継続して加美乃素デルタに切り替える必要は特にありません。

製造はシオノケミカルが担当しています。

加美乃素デルタの使用感について

頭皮へ塗布

若干のアルコールの香りがあるものの、ほてりはほとんどなく、使用感は悪くない。ただし、ノズルが旧型のため、特に生え際などは使っていると赤くなることがありました。

参考記事:加美乃素デルタの使用レビュー

7位:FCI

FCIミノキシジル外用薬

薬品名FCI
販売メーカー富士化学工業
製造メーカー富士化学工業
有効成分ミノキシジル5%
ピリドキシン塩酸塩
トコフェロール酢酸エステル
I-メントール
ノズルタイプラバータイプ
参考価格
(セット購入)
7,480円*ランク内9位
(7,480円)

プラスαな成分とおしゃれなボトルが特徴

FCIは医薬品の原薬製造に強いメーカーである富士化学工業が製造・販売するジェネリック発毛剤です。

AGAスキンクリニックなど、大手薄毛治療クリニックでも治療プランの一つとして採用されています。

数少ないミノキシジルに加えて3種類のプラスαなサポート成分が配合されている発毛剤なのが大きな特徴です。

特に皮脂の過剰分泌を抑制したり、かゆみを抑えたりする効果があるため、「他のジェネリック発毛剤を使ってみたらかゆくて使えなかった」という敏感肌の方には頼りになる発毛剤です。

残念ながら、セット購入での割引は見つけられませんでした。

FCIの使用感について

ラバータイプのため、塗布時の痛みなどは全くありません。ただし、若干のベタつきがあるため、特に朝など使用後はしっかり乾燥させてから髪のセットをした方が良さそうです。

参考記事:FCIの使用レビュー

8位:スカルプDメディカルミノキ5

薬品名スカルプDメディカルミノキ5
販売メーカーアンファー株式会社
製造メーカー東亜薬品株式会社
有効成分ミノキシジル5%
ノズルタイプラバータイプ
参考価格
(セット購入)
7,800円*ランク内10位
(7,020円)

認知度の高さはリアップ級…

スカルプDメディカルミノキ5は、スカルプDシリーズで圧倒的な認知度のアンファーが販売するジェネリック発毛剤です。

製造は東亜薬品が担当しています。

実はメディカルミノキ5は、リアップの特許期間が切れた後にはじめて販売されたジェネリック発毛剤です。

ラバータイプのノズル開発などのために6年以上の歳月が費やされたそうです。

ただし、価格面では先発薬であるリアップX5プラスネオより高く、もっとリーズナブルなジェネリック発毛剤が各メーカーから販売されるようになったため、認知度以外でなかなか訴求ポイントが見つからない発毛剤とも言えるかもしれません。

スカルプDメディカルミノキ5の使用感について

ラバータイプのため頭皮には優しい。気をつけないと同じポイントで繰り返し塗布していると液ダレしてしまうことがよくありました。

参考記事:メディカルミノキの使用レビュー

9位:アロゲイン5

薬品名アロゲイン5
販売メーカー佐藤製薬株式会社
製造メーカー佐藤製薬株式会社
有効成分ミノキシジル5%
ノズルタイプ手動ノズル(旧型)
参考価格
(セット購入)
5,280円*ランク内8位
(5,478円)

ユンケルなどで有名な佐藤製薬の発毛剤

アロゲイン5は、イチローさんを採用したCMでもおなじみのユンケルなどを販売する佐藤製薬が製造・販売するジェネリック発毛剤です。

佐藤製薬はドラッグストアなどとも強い繋がりがあるため、リアップ以外でドラッグストアで購入できる数少ないジェネリック発毛剤の一つです。Amazonでも購入可能です。

ただし、ノズルは旧型で、価格も5,000円台のためコスパはそこまで高くはありません。

アロゲイン5の使用感について

サラサラとした使用感でベタつきなどが少ない。ほてりもなく使用感は良い。旧型ノズルなのが残念。

参考記事:アロゲイン5の使用レビュー

10位:リアップX5(WEB限定品)

薬品名リアップX5
販売メーカー大正製薬
製造メーカー大正製薬
有効成分ミノキシジル5%
ノズルタイプリアップタイプ
参考価格
(セット購入)
5,262円*ランク内7位
(ー)

大正製薬の公式HPにも載っていない…

リアップX5は大正製薬が製造・販売する発毛剤です。

先発薬メーカーですが、実はネット通販向け(Amazon向け)の限定でリアップX5という製品を販売しています。ちなみに大正製薬の公式サイトにも記載がありません。

ミノキシジル5%のみを配合したシンプルな製品で、リアップX5プラスネオのようにサポート成分は配合されていませんが、その分価格は先発薬メーカーにも関わらず5,000円台と大健闘。

ノズル形状の使い心地などは、やはりリアップタイプは根強い人気があり、実際使ってみると使いやすいです。

「5,000円台までならなんとか…」という方にはおすすめできるWEB限定の商品です。

リアップX5の使用感について

ノズル形状が絶妙で、トントンと頭皮に当てるたびに適量が出てきます。ニオイは育毛剤のような香りが若干しますが、乾燥するにつれて収まります。

参考記事:リアップX5の使用レビュー

【画像で確認】ミノキシジル5%のジェネリックでどれくらい効果がある?

AGA治療6ヶ月目の頭頂部

リアップのジェネリック(ミノキシジル5%)発毛剤を探していて気になるのが「実際にどれくらい生えるの?」という疑問ではないでしょうか?

ジェネリック発毛剤のような第一類医薬品は、厚生労働省によって販売サイトがレビューを掲載することが禁止されているので、口コミ評判もなかなか確認できません。

そこで、実際に当サイトのスタッフが推奨期間である4ヶ月間ミノキシジル5%外用薬を使ってみてどれくらい効果があったのか、参考までにご紹介したいと思います。

スタッフ
薬剤の効果は人によって程度が異なるため、参考程度としていただければ幸いです。

スタート時の頭皮の状態

頭頂部が丸く薄くなっている典型的な壮年性脱毛症

1ヶ月目の効果

肉眼では効果はほとんど確認できず。

1日2回ミノキシジルを塗る必要があるため面倒くさく感じやすく、効果が目に見えないのでこの頃が一番つらい。

ただ、マイクロスコープで見ると少し毛が太くなっている気もする。

2ヶ月目の効果

はっきりと丸い線になっていた薄毛部分がグラデーションになって目立たなくなる。

マイクロスコープで確認しても1本1本の髪の毛が太くなっているのが確認できる。

3ヶ月目の効果

2ヶ月目から3ヶ月目は、肉眼でも少しずつ変化しているのがわかるようになり、鏡を見るのが楽しみになる。

また、外出時は必ず帽子をしていたが、この頃から帽子をかぶらなくても気にしないで買い物が楽しめるように。

4ヶ月目の効果

AGA治療4ヶ月目の頭頂部

3ヶ月目までは本人にしかわからないようなゆっくりとした変化でしたが、3ヶ月目から4ヶ月目までは髪の密度が大きく変化したようで、家族や友人からも「最近なんか髪増えた?」と聞かれることが増えました。

マイクロスコープの画像でも、最初弱々しい髪に混じってちらほらあった太い髪の毛が全体の半分くらいまで増えています。

製薬会社の推奨は4ヶ月の継続でしたが、たしかに4ヶ月で発毛効果を実感できました。

これまで何年も薄毛に悩んできましたが、たった数ヶ月でこんなに変わるなら、なんでもっと早めに始めなかったんだろうと後悔しています。

*ミノキシジル5%を配合した発毛剤に加えて、月額3,000円でG.グリーンクリニック(コロナ期間中ふくろうアイクリニック)のフィナステリド錠も併用しています。

ミノキシジル5%のジェネリックと月額3,000円からフィナステリドを併用

フィナステリド錠

フィナステリドは、ミノキシジルと並んで皮膚科学会の脱毛症診療の【推奨度A】に分類されている内服薬です。

医師による処方が必要ですが、ネット診療が普及しているため、クリニックによってはスマホで受診して自宅へ届けてもらうことも可能です。

薄毛治療と聞くと、高いイメージがありますが、フィナステリドの処方だけなら、月額3,000円程度から受診できます。
【ネット診療対応クリニックの価格例】

上記の例を見てもわかるように、リアップのジェネリック発毛剤とフィナステリド内服薬を組み合わせて薄毛治療しても毎月の費用は約6,000円~からと、1万円以下で複合的な治療も可能です。

リアップのジェネリック(ミノキシジル5%)発毛剤で早めに薄毛対策

2018年以降大正製薬の先発薬であるリアップの特許期間が切れたことで各メーカーからリアップのジェネリック(ミノキシジル5%)発毛剤が販売されるようになりました。

リアップX5プラスネオの定価の半額以下の実勢価格で発毛効果は同等と、非常にコストパフォーマンスに優れています。

継続して使用しさえすれば90%以上の方が発毛を実感できる確かな発毛効果があるため、薄毛に悩んでいる方は早めにリアップジェネリックで薄毛対策を始めるのはいかがでしょうか?

結論

・3,000円台(リアップの約半額)というリーズナブルさ
・改良された先端ノズルで痛みを軽減
・国内最大濃度であるミノキシジル5%を配合

という3つの理由で、最終的にリアップのジェネリックで一番おすすめできるのは「リザレックコーワ」です。
デザインが発毛剤っぽくなく、コーワという大手メーカーが販売しているという安心感も魅力です。

おすすめの記事