【7ヶ月目】AGA治療経過ブログ

ヨシオ
AGA治療をはじめて7ヶ月目に入りました。

これまでの変化や、6ヶ月目に確認できた生え際の毛髪の変化についても確認したいと思います。

AGA治療スタート時の様子

スタート時を振り返ってみると、完全なAGA症状です。

若いうちからM字となり、ここ数年で頭頂部もだいぶ寂しくなっていました。

1~3ヶ月目の治療の詳細な変化を知りたい方は、↓の経過報告をどうぞ。

AGA治療7ヶ月目の状態

では、治療をはじめて7ヶ月目の頭皮の状態や毛髪の密度をかくにんしてみましょう。

頭頂部の様子

頭頂部に関しては、ほとんどAGAの面影がないと言っても過言ではないとほど回復しています。

マイクロスコープの画像で確認すると、側頭部までとはいかないまでも、毛穴一つからしっかり3本太い髪が生えている部分が多く、AGA治療の成果を一番感じられている部分です。

生え際の様子

生え際については、スタート時のスカスカの状態から比べるとかなり密度が増えて髪自体は増えている印象を受けます。

ただし、M字は未だにM字のままですね。

ずっと生え際のライン自体は大きな変化がない状態でしたが、6月目の際に生え際のところにプツプツと今までにない黒いつぶつぶを発見。

↓画像がコチラ↓

あきらかに産毛とは違う毛が一つの毛穴から複数生えているのが確認できます。

これがここ1ヶ月間でどう変わったかというと…

肉眼では変化が確認できません。

ただしマイクロスコープ上で確認すると、これまで2,3本だったものが、なぜか4,5本生えている毛穴がちらほら見つかります。

2~3ヶ月目の頃、頭頂部に関しても最初は肉眼では変化が確認できず、マイクロスコープでなんとか違いが分かる程度でしたが、徐々に肉眼でも発毛が確認できるようになったので、生え際についてもさらに数ヶ月観察してみたいと思います。

治療の内容とかかっている費用の詳細


AGA治療は始めるまで「毎月何万円もかかるんじゃないか…?」と不安になる方も多いです。

今回の治療経過で実際に毎月かかっている費用や使用している薬剤についても詳細をご紹介します。

現在使用しているのは、以下の2種類のお薬のみです。

  • ミノキシジル5%外用薬 約2,800円
  • フィナステリド1mg錠 3,000円

副作用:かゆみ、赤み、むくみ、性欲減退など

関連記事フィナステリドの効果と副作用の臨床データ

ミノキシジル5%外用薬は、AGAクリニックで購入するよりも楽天市場で直接3本セットを購入した方が安いので、3本で9,500円くらいのミノカミングかリザレックコーワ(リアップのジェネリック)の安い方を使用。

3本購入で大体1,000ポイント還元されているので、実質1本あたり約2,800円です。

フィナステリド錠はグリーンクリニック(コロナ期間中はふくろうアイクリニック)にてネット診療で処方してもらっています。

初回限定ですが、3ヶ月分で1ヶ月無料、6ヶ月分で2ヶ月無料のキャンペーンを実施しています。

ミノキシジル外用薬とフィナステリド1mg錠で、毎月にかかっている費用は5,800円のみです。

2018年よりミノキシジル外用薬の特許期間が切れたため、ミノカミングのようなリアップの半額以下で購入できるジェネリックが登場して、AGA治療は1ヶ月にかかる費用がぐっと安くなりました。

髪の毛のことで悩んでおられるなら、髪の毛を生やす効果のない育毛剤や発毛促進剤で時間とお金を無駄にせずに真っ先に1万円以下でできる標準治療がおすすめです。

 

 

おすすめの記事