【画像解説】リアップ容器の分解方法|入れ替えて再利用!

 

2018年にリアップの特許が切れて以降、いろいろな製薬メーカーからリアップジェネリックが発売されていますが、使ってみて感じるのがリアップとの「容器のノズル形状の差」。

リアップジェネリックを使うと、ラバータイプは液ダレしやすいし、手動ノズルタイプはノズルが細いのでピンポイントで使い続けると結構痛みががあったりします。

その点リアップ容器は先発薬としてさすがの使いやすさです。ただ、定価が7,000円超えと高い…。

そこで「ジェネリックの液剤をリアップの容器に入れ替えれば全て解決するのでは?」と感じた方のために、リアップとジェネリックの容器の分解方法や入れ替え方法を画像で解説したいと思います。

慣れれば入れ替えには5分もかかりません。

この記事を書いた人:リク
STOP!AGAの編集部スタッフ。公益社団法人毛髪科学協会会員で現役の毛髪診断士です。自身もAGAクリニックにて薄毛治療2年目。最新の毛髪研究に関する海外論文に目を通すのが趣味。医療機関向けガイドラインやエビデンスに沿ったヘアケア情報をお届けします。

使い勝手◎なリアップ容器×ジェネリックのコスパは最強!

リアップのジェネリック発毛剤

10以上の製薬メーカーから発売されるジェネリック発毛剤にもリアップX5と同量のミノキシジル5%が配合されています。

そのため、ジェネリック発毛剤を選んでも発毛効果はリアップと同等です。

なおかつジェネリック発毛剤の価格はリアップX5プラスネオの半額以下の製品もあります。

ジェネリック発毛剤の液剤をリアップの容器に入れ替えれば…

  • リアップ容器ならではの使いやすさをずっとキープ
  • 発毛効果はリアップと全く同等
  • 毎月かかる費用はリアップの半額以下

となるため、ほとんどメリットしか見当たりません。

どこの家庭にもある道具で簡単に容器の分解・入れ替えが可能なので、実際にやってみましょう。

入れ替える方法を…

  • リアップ容器の分解方法
  • ジェネリック容器の分解方法
  • 入れ替え方法

の3段階でご紹介します。

スタッフ
大正製薬は当然のごとく容器の分解を推奨していないので、実施する際には自己責任でよろしくおねがいします。

リアップ容器を分解して再利用

【用意するもの】

  • 空のリアップ容器
  • カッターナイフ
  • 先の細い眉ハサミ(カッターがあれば不要)

リアップの容器には、取り外せないようにツメが取り付けられているため、カッターナイフや眉はさみなどを使って、ツメの部分をカットする必要があります。

カットする部分は、上記の画像で囲った細いプラスチックの部分です。1本のリアップ容器に4箇所あるので、全てカットします。

作業自体は難しくありませんが、刃物を使用するので誤って手を切ってしまわないようにご注意ください。

1.リアップの容器のツメ部分をカットする


カッターナイフの先端部分を使って、ツメの端の部分をカットします。

細いプラスチックのため、そこまで力を入れなくても簡単に切れます。片方をカットすると、ツメがささくれのように持ち上がるので、ぐるぐる回せばもう片方も千切れます。

もう片方をカッターナイフを使ってカットしてもOKです。

カットすると、容器の4箇所が上記の画像のようになります。こうなれば後は容器の上部を取り外すだけです。

2.リアップの容器上部を回しながら外す


ハズレ防止のツメがなくなっているので、後は容器の上部を持って、左右に回しながら引っ張れば分解できます。

リアップの容器の方は、分解する際に中は空っぽなので多少力任せで取り外しても特に問題ありません。

ここまででリアップの容器の分解は完了です。

ジェネリック発毛剤の容器を分解する方法

【用意するもの】

  • 適度な力
  • 机の上での作業

ジェネリックの容器の方は、手動ノズルタイプであれば道具は特に必要ありません。

これから紹介する容器の分解方法は以下のジェネリック発毛剤で使えます。

  • ミノカミング
  • ミノグロウ
  • ミノアップ
  • 加美乃素デルタ
  • アロゲイン5
  • リザレックコーワ
  • メディカルアップ

手動ノズルタイプは、簡単に容器上部が取り外せるようになっています。

ただし、ジェネリック発毛剤の場合、中の液剤が満タンの状態で取り外すことになると思うので、容器上部を取り外した勢いで液剤がこぼれないように注意しましょう。

1.容器を机に置いた状態で手で押さえる

液剤がこぼれないために、ボトルを机に置いた状態で手で抑えて固定します。

両手で持ち上げた状態で容器上部を分解すると、かなりの確率で液剤がこぼれます。

容器は固定して動かさないイメージで分解しましょう。

2.容器の上部分を回しながら外す

容器の透明ノズルの下の黒い部分(容器上部分の根本)から手で持ち、左右に回しながら引き抜くと、ポンッと分解できます。

これでジェネリックの容器の方も分解は完了です。

リアップ容器にジェネリックを入れ替える

後は、ジェネリックの方の液剤をリアップの容器に入れ替えるだけです。

偶然でしょうが、ジェネリックの容器はぴったりリアップの容器にハマるので、最後の一滴までしっかり無駄にせずに入れ替えられます。

入れ替えが完了したら、リアップの容器上部分をもう一度はめ込んで入れ替え完了です。

この方法なら、何度でもリアップの容器を再利用できます。

スタッフ
ツメを取り外しているので「簡単に容器が外れてしまうのでは…」と心配になりますが、切り取った後でもしっかり固定されているので、普通に使用していて困ることはありません。

【画像解説】ミノキシジル5%でどれくらい生えた?

AGA治療6ヶ月目の頭頂部

実際にミノキシジル5%の発毛剤を使いながら、どれくらい発毛効果があるのか気になる方のために、当サイトのスタッフが実際に推奨期間である4ヶ月間使用してみた結果も参考程度にご紹介したいと思います。

スタッフ
効果は人によって異なるため、あくまで参考程度としての情報です。

スタート時の頭皮の状態

頭頂部が丸く薄くなっている典型的な壮年性脱毛症

1ヶ月目の効果

肉眼では効果はほとんど確認できず。

1日2回ミノキシジルを塗る必要があるため面倒くさく感じやすく、効果が目に見えないのでこの頃が一番つらい。

ただ、マイクロスコープで見ると少し毛が太くなっている気もする。

2ヶ月目の効果

はっきりと丸い線になっていた薄毛部分がグラデーションになって目立たなくなる。

マイクロスコープで確認しても1本1本の髪の毛が太くなっているのが確認できる。

3ヶ月目の効果

2ヶ月目から3ヶ月目は、肉眼でも少しずつ変化しているのがわかるようになり、鏡を見るのが楽しみになる。

また、外出時は必ず帽子をしていたが、この頃から帽子をかぶらなくても気にしないで買い物が楽しめるように。

4ヶ月目の効果

AGA治療4ヶ月目の頭頂部

3ヶ月目までは本人にしかわからないようなゆっくりとした変化でしたが、3ヶ月目から4ヶ月目までは髪の密度が大きく変化したようで、家族や友人からも「最近なんか髪増えた?」と聞かれることが増えました。

マイクロスコープの画像でも、最初弱々しい髪に混じってちらほらあった太い髪の毛が全体の半分くらいまで増えています。

製薬会社の推奨は4ヶ月の継続でしたが、たしかに4ヶ月で発毛効果を実感できました。

12ヶ月経過後の効果

12ヶ月使用時のミノキシジルの効果

開始時と1年継続して使用した経過時の比較写真です。

開始時の診断ではAGAの「中等症がかなり進んでしまった状態」との診断でしたが、1年間継続して再度診断を受けると「中等症と初期症状の真ん中」程度まで回復との診断でした。

生え際のM字状態は回復しているとは言えませんが、生え際の髪の毛まで太く強い毛に変わったため以前ほどは生え際が気にならなくなりました。

頭頂部に関しては髪の毛が少なく、細くなってしまって露呈していた頭皮が短髪でも目立たない程度まで髪が増えて太くなっていることが観察できます。
*ミノキシジルで可能性のある副作用:皮膚症状(6%)など

ミノキシジル5%外用薬と医療ガイドラインで同じく推奨度Aのプロペシア正規ジェネリックを、オンライン診療のイースト駅前クリニックにて月額3,800円で服用しています。

AGAクリニックで月額何万円もする高額な治療を受けなくても、皮膚科学会が発表する薄毛診療ガイドラインに沿って「ミノキシジルの外用・フィナステリドの内服」(薄毛の基本治療)を継続するだけで時間はかかりますが徐々に薄毛の状態が回復できることがわかりました。

日本皮膚科学会:男性型脱毛症診療ガイドライン

12ヶ月間でかかった費用は…

  • ミノキシジル外用薬:約3,500円
  • フィナステリド内服薬:3,800円

で、1ヶ月あたり約7,300円です。

臨床試験では12ヶ月以降も継続することでさらに治療効果が得られることがわかっているので、継続してどのような変化があるのかを確認してご報告したいと思います。

スタッフ
イースト駅前クリニックでもミノキシジル外用薬を販売していますが、市販のリアップジェネリックを通販サイトで購入したほうが安いです。正規品のフィナステリド内服薬のみをイースト駅前クリニックで処方してもらっています。

*フィナステリドで可能性のある副作用:リビドー減退(1.1%)など

▼イースト駅前クリニックを選んだ理由を解説▼

リアップ容器へ入れ替えれば、ジェネリックは価格だけで選べる

リアップのジェネリックもボトル形状やノズル形状が異なる製品が製薬メーカーから販売されていますが、どれを選んだらいいのか迷ってしまう方も少なくありません。

ただし、リアップ容器を分解して再利用するようにすれば、ジェネリック発毛剤を選ぶ条件は「価格」の一点のみになります。

購入時点での一番安いジェネリック発毛剤を選んで入れ替えれば、常に最安でミノキシジル5%発毛剤をリアップ容器の使い心地で継続できます。

以下の3種類が、これまで調べてきた中で基本的に最安値を常に競っているジェネリック発毛剤です。

旧型の細い手動ノズルなので使い心地が良くなく、使い続ける製品としてはおすすめできませんでしたが、リアップに入れ替える前提で考えれば、1本3,000円以下で購入できるなど、非常に魅力的です。

*価格は全て2021年2月5日現在の実勢価格です

1.ミノグロウ

岩城製薬が販売するミノキシジル5%のジェネリック発毛剤。

手動ノズルの容器で旧型の先端ノズルなので細くて頭皮に痛みを感じやすいのがデメリット。

ただし、価格は約3,210円/本と非常にリーズナブル。

さらに3本セットで購入なら、タイミングが良ければポイント還元を含めて約3,000円/本以下でも購入可能です。

2.ミノカミング

ミノカミングのレビューと口コミ

シーディーというオンラインドラッグストアのジェネリック発毛剤。

手動ノズルでも先端が太くなった改良型のノズルを採用しているため、このままでも使用可能。

価格はミノグロウと大体同じ位です。3本セットの価格は1本あたり3,000円ほど。

3.リザレックコーワ

キャベジンなどで有名なコーワのジェネリック発毛剤。

こちらもミノカミングと同じように改良型が先端ノズルを採用しています。

価格はミノグロウ・ミノカミングよりも数百円高めの場合が多いです。

ただし、認知度の高いメーカーの製品でデザインがスッキリしていて、ノズルも改良型なので、リアップ容器に入れ替えるのが面倒ならそのまま使ってもOKという万能型なジェネリック発毛剤と言えます。

3本セットなら、ポイント還元も含めると1本あたり3,200円前後。

リアップ容器へジェネリックを入れ替えて再利用しよう

リアップ容器は少し工夫するだけで簡単に分解できるので、ジェネリック発毛剤を入れ替えて使えば…

  • リアップ容器の使いやすさ
  • ジェネリック発毛剤のリーズナブルさ

という、両方の良いところ取りができます。

「ジェネリック発毛剤の方が安くて良いんだけど、使いにくいな…」とお悩みの方は一度試してみてはいかがでしょうか?

お知らせ
HIXミノキシジル発毛剤が6本セットなら1本あたり3,000円へと大幅な割引を実施しています。2022年6月18日現在でミノキシジル国内最高濃度の発毛剤では最安値水準です。
おすすめの記事