元愛用者|ウーマシャンプープレミアムの2つのデメリットとは

 

スカルプシャンプーでも非常に人気の高いウーマシャンプープレミアム

購入を考えていて「ウーマシャンプープレミアムのデメリットはなにかないの?」と気になっている方もいらっしゃると思います。

ほとんどのメディアは紹介料のために良い部分しか紹介していませんので、元愛用者としてウーマシャンプープレミアムのデメリットを辛口でご紹介します。

ウーマシャンプープレミアムの2つのデメリット

ウーマシャンプープレミアムをお風呂で使う

実際にウーマシャンプーを使用したり、成分を解析したりすると、ウーマシャンプープレミアムはおすすめできる対象がかなりはっきりしたスカルプシャンプーです。

実際にどんなデメリットがあるのか確認してみましょう。

デメリット1:刺激の強い洗浄成分

ウーマシャンプープレミアムの泡

3,000円以上するようなスカルプシャンプーには、保湿成分やスカルプ成分がたくさん配合されています。

ただし、シャンプーの良し悪しを決めるのはやはり“界面活性剤”と呼ばれる洗浄成分です。

シャンプーに配合されている成分の割合

シャンプーは、どの製品でも水を除くとほとんどが界面活性剤です。

そのため、界面活性剤にどんな成分が使われているか確認すれば、そのシャンプーの良し悪しが確認できます。

ウーマシャンプープレミアムに配合されているのは以下の界面活性剤です。

  • オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
  • コカミドプロピルベタイン
  • アラニンTEA
  • ココイルグルタミン酸TEA

下の3つに関しては、ココヤシを原料としたアミノ酸系&ベタイン系で、よく高級スカルプシャンプーに配合されている成分です。

問題は“オレフィン(C14-16)スルホン酸Na”です。

この成分は、硫酸系の洗浄成分が頭皮や髪に悪いというのが消費者に知られてきて、シャンプーメーカーが新たに配合することが多くなった成分。

コストが安く、石油からも植物油からも生成できるため「植物由来」と大きく宣伝できるのがシャンプーメーカーにとって都合の良い成分です。

ただ、消費者にとって良い洗浄成分かと言えば、おすすめはできません。

刺激は硫酸系より若干抑えられますが、それでも頭皮や髪への刺激性が強く、頭皮のタンパク質変性やカラーの退色作用があるため、継続して使用するのはおすすめできません。

もちろんウーマシャンプープレミアムはオレフィン酸系にアミノ酸系を組み合わせているので、市販の硫酸系シャンプーよりはマシです。

ただ、この価格帯のスカルプシャンプーを購入する方は頭皮や髪のことを本気で考えている方でしょう。

そんな方には正直おすすめできません。

デメリット2:コスパ…

ウーマシャンプープレミアムのボトル

もし、市販の500円前後の硫酸系のシャンプーに並んでウーマシャンプープレミアムが1,000円や2,000円で販売されていたら、印象は随分変わるかもしれませんが、ウーマシャンプープレミアムは他の高価なアミノ酸系界面活性剤をメインに使ったシャンプーと同価格帯…

たしかに馬油が入っていて、洗浄力が強くても保湿はしっかりしてくれますが、それでもコスパの悪さにどうしても目が行きます。

実際に男のスカルプべすと人気の高いスカルプシャンプーと価格を比較してみましょう。

ウーマ爽快柑ケフトルヘアリプロ
1mlあたり10.7円3.6円7.5円9.1円
レビュー

爽快柑は洗浄成分にココヤシを原料としたアミノ酸系とベタイン系のみを使用して約1/3のコスト

ケフトルヘアリプロも、最新のスカルプ成分を配合したアミノ酸系スカルプシャンプーですが、それでもウーマシャンプーよりリーズナブルです。

頭皮や髪と相性の良いスカルプシャンプーは、一度見つけるとしばらくは愛用し続けたほうが効果を実感しやすくなりますが、そのために使い続けるためのコストもかなり重要

配合されている洗浄成分と価格を見ると、どうしても他のスカルプシャンプーの方に魅力を感じます。

スタッフ
ウーマシャンプーは、洗浄力が高く、フケやかゆみに効果のある薬用成分が配合されているのが特徴。
おすすめできる対象は、「脂漏性皮膚炎で困っている…」「シャンプーしてもすぐに髪が皮脂でベトベトになる…」など、超脂性タイプで頭皮トラブルを抱えている方くらいです。

デメリットありなウーマシャンプーの代わりは?

ウーマシャンプープレミアムの代わり

ウーマシャンプープレミアムのデメリットを確認してみて、「自分には合わない…」と感じた方もおられるのではないでしょうか?

そんな方のために、男のスカルプべすとでも人気の高いスカルプシャンプーを洗浄力や頭皮刺激別に選ぶための表を用意してみました。

 

ウーマシャンプーの代わり

  • 爽快柑
    アミノ酸系シャンプーの中では神コスパとして有名。
    洗浄力はアミノ酸系のみのため乾燥肌~脂性肌向け
    薬用成分であるグリチルリチン酸2Kを配合した薬用シャンプーでフケやかゆみにも効果的。

    【公式サイト】アミノ酸シャンプー爽快柑お試し≫

  • ヘアリプロ
    アデランスサロンで使われているアミノ酸系シャンプー。
    洗浄力とすすぎ性に優れたラウロイルアスパラギン酸Naというアミノ酸系洗浄成分をメインに配合しているのが特徴で乾燥肌~脂性肌向け
    グリチルリチン酸2Kピロクトンオラミンという2つの有効成分を配合したフケやかゆみに効果の期待できる薬用シャンプー。
    ≫ヘアリプロ
  • ケフトルアミノシャンプー
    アミノ酸系と弱酸性石けんを組み合わせたスカルプシャンプー。
    頭皮への刺激を最小限に抑え、しっかりした洗浄力を持っているのが特徴で標準的肌~超脂性肌向け
    キャピキシルリデンシルという最新の育毛成分を配合。

    ケフトルEXアミノシャンプー公式ショップ≫

▼全成分の解析記事はコチラから▼

ウーマシャンプーのデメリットを正直に紹介

ウーマシャンプープレミアムの成分解析

スカルプシャンプーの中でも非常に人気の高いウーマシャンプープレミアム

人気があるのは事実なのですが、配合されている成分を確認すると、デメリットが比較的はっきりとしたスカルプシャンプーです。

ウーマシャンプープレミアムを利用したいという方は、今回ご紹介したようなデメリットがあることもしっかり確認した上で購入することをおすすめします。

ウーマシャンプー公式サイト≫